解説☆メール配信システムのステップメール

TOP > メール配信のステップメールとは > 営業マンを支援してくれるステップメールというメール配信サービス

営業マンを支援してくれるステップメールというメール配信サービス

 各会社の営業マンは、売上数字を高める為に色々なアプローチをしています。
中でもタイミングは、軽視できないポイントの1つです。
何らかの商品の契約数を増やしたいなら、色々な顧客にアプローチしていく事にはなります。
多くの顧客にアプローチしていけば、徐々に見込み客も増えていきます。
その見込み客から契約を取る為には、タイミングも考える必要があります。
例えば見込み客が忙しいと見込まれるタイミングに商談するのは、あまり望ましくありません。
相手が忙しいので、そもそも商談自体が困難だからです。
逆に、見込み客があまり忙しくないなら、じっくり話を聞いてもらえる確率も高くなります。
ですから多くの営業マンは、商談のタイミングも見計らっている訳です。
その営業マンを支援する為に、ステップメールが活用される事もあります。

 ステップメールというサービスは、段階的にメール配信できるのが特徴的です。
例えば営業マンが初めて見込み客と話した日から数えて、3日目や1週間目などにメールを配信する事もできます。
その日程は、自由に選ぶ事ができます。
例えば営業マンがアプローチして、「5日後なら話をじっくり聞ける」という情報を聞き出したとします。
その場合は、5日目前後にメールを送信してみる訳です。
ちょうど良いタイミングにメールを送れる訳ですから、見込み客に効果的にアプローチできる可能性があります。
少なくとも、メールを全く送信しない時よりは、営業マンの成約率も高められる可能性があります。
ステップメールは多少費用はかかりますが、営業効率を高めたいなら、活用してみるのも悪くありません。
現に、それを活用している企業も多いです。

 またステップメールは、営業代行に関するメリットもあります。
そもそもタイミングを見計らって営業活動するのは、営業マンとしても少々大変です。
スケジュール帳なども管理する必要がありますし、そもそも営業マンが顧客の都合を忘れてしまう事もあります。
忘れてしまえば、見込み客を逃してしまいかねません。
しかしステップメールなら、見込み客に確実にメールを送る事ができます。
またメールという手段で、営業活動を代行してもらう事も可能です。
つまりステップメールを、「営業代行」として活用する事もできる訳です。
ですからステップメールは、しばしば営業活動の為に活用されています。
特にBtoBのビジネスで、それが活用されている傾向があります。
BtoB向けの製品の売上数字を伸ばしたいなら、前向きに検討してみる価値はあります。

次の記事へ

TOPへ